本棚の前が定位置

毎日何か読んでます。次どの本読もうかな〜という幸せな悩みの手助けができれば

英語で多聴なら、Enjoy Simple English!

こんにちは。

 

Who HQシリーズで日本の人物や

場所の紹介を書くことを目標に

しているわけですが、

日本人の伝記が英語教材になっているのは

いくつかあります。

(日本人向けだけなのが残念。

ほかの国の人にも読んでほしい!)

 

なかも、リスニングおすすめなのが

「Enjoy Simple English 」

NHKのラジオ番組のテキストです。

 

ラジオで毎日聞けたら安上がりですが

テキストがいっぱいになってしまって

好きなお話が探しにくいのと

そもそも、聞けない日もあるので、、

私は好きなジャンルがまとまっている

書籍を買って好きな時に聞いています。

 

はじめと終わりに日本語の

ナレーションが入りますが、

本題は全て英語なので

日本語聞いてる時間の方が長い、

という心配はないですね。

1回10分以内もありがたいです。

 

ちなみに、TOEIC 600くらいから

テキストを見なくても

ほぼ内容を理解できました。

 

Who is/wasシリーズのような

伝記のおすすめはこちら。

f:id:thousandsBooks:20210115064945j:image

Heroes of Unbreakable Sprits

 

ココ・シャネルやアイルトン・セナ

混じって

小野妹子西郷隆盛も。

さらに好きなのが

田部井淳子さん!

 

女性がやりたいことをやり抜く姿勢は

元気をもらえますよね。

セレクトした人と握手したい。

田部井さんのパートは

英語の教科書に載せるべき。

 

旅行が好きな方は、

Trip Around the World

f:id:thousandsBooks:20210115070205j:image

Japan without a map

f:id:thousandsBooks:20210115070318j:image

がおすすめ。

 

ミステリー好きとしては

こちらも読んで、

聴いていただきたい!

Edogawa Ranpo in English

f:id:thousandsBooks:20210115070455j:image

ちょっとほかの本より単語が難しいのか

難易度高めになっていますが

読めた時は嬉しかったです。

ちゃんと「乱歩」でした。

 

そのほかにもオリジナルストーリーが

色々あるので、好みに合わせて

選べる幅も広いです。

 

Who HQはまだまだ時間がかかるので

今日はむり〜という時は

こちらで多読・多聴。

英語をいっぱい聞きましょう!

 

 

 

読み聞かせ:これなら、高学年もOK!/リンドバーグ

こんにちは。

 

久しぶりに小学校での

読み聞かせの日がやってくるので

絵本選びに悩んでおります。

 

今回は4年生。

年始だし、楽しんでくれると

いいなぁと、選んだのがこちら。

 

リンドバーグ 

byトーベン・クルーマン 訳 金原瑞人

f:id:thousandsBooks:20210112204936j:image

読み聞かせ時間:11分

 

金原瑞人さんの翻訳ということもあり、

かなり前から気になっていたのですが

ネズミが飛行機作る??って

自分が入り込めなさそうで

手が伸びてませんでした。

 

が、図書館で眺めるとやっぱり絵が

きれい。。

チャレンジしてみることにしました。

 

絵に対して文字は多くなくて

文字のないページもあるので

練習中に子供から

「文字がないページもしっかり見せる!」

と、注意が入るなど、

読み手のやる気が問われますが、、

あと数日、練習して挑みます。

 

小道具として、地球儀持参で。

ドイツのハンブルグから

アメリカのニューヨークまで

ネズミの飛行士は飛べるでしょうか?

 

この作者さんは、続けて

エジソン、アームストロング、と

シリーズがあります。

 

興味を持って聞いてくれて

他の本も読む子がいたら嬉しいなぁ。

 

 

子供の時に思い描いた「大人像」5つ/最強の85歳 RBG

こんにちは。

 

1週間で細切れながら

Netflix で映画「最強の85歳 RBG」を

観終わりました。

連休ありがたし。

 

f:id:thousandsBooks:20210111201217j:image

 

Who is Ruth Bader Ginsburg?を

読んで興味を持ったのですが

内容はWho isに書かれたことも

多かったので、

画像がついて鮮明になった感じでした。

 

f:id:thousandsBooks:20210111201313j:image

 

映画の方で印象的だったのは、

ギンズバーグ氏は

「正反対の立場の人とも

親友になれた」というくだり。

 

親友になるかどうかはともかく、

何かの意見が違っても

感情でわだかまりが残らないのは

理想ですね。

 

ギンズバーグ氏の大きな魅力は

柔軟さだと感じました。

 

1、「オンとオフの切り替えが上手」

2、「自分のことに真剣」

3、「使命を持っている」

4、「熱中する趣味がある」

5、「相手を尊重できる」

 

これは私が子供の頃に思い描いた

「大人」でした。

 

今の自分はどのくらいできているかと

振り返ると、、

程遠くてびっくりします。

 

今年は「悪名高きRBG」に

少しでも近づける様に

がんばります。

 

みなさんも子供の頃、

どんな「大人像」を

思い描いてましたか?

AmazonのAudibleで英語になじもう

こんにちは。

 

Who HQシリーズをKindleで買おうとすると

よく「Audible」の検索結果が出てくるので

Audible版があるのは知っていたのですが、

テキストも買うのに、音声はいらないかなーと

躊躇してました。

 

が、Audibleのサブスクリプションだと

30%OFFで購入できるんですね。

しかも、1冊分は料金に含まれているそうで。

 

なんだ。

ということで、試してみました。

f:id:thousandsBooks:20210109224142j:image

 

Who is Gloria Steinem?


先月読んだので、内容も覚えてるし、

しっかり聞き取れました!

 

これなら、発音がわかりにくい単語も

固有名詞も確認しやすい。

読み終わったばかりの本にすれば

内容もわかっているからちょっと

聞き逃しても大丈夫。

いいことづくし。

 

日本語で読んだ本を英語で読むとか、

映画を日本語字幕で見た後に、

字幕なしでみるとか、

いいのは分かっていたのですが、

なんども見る時間がないんです。。

と、言い訳してましたが、

Audibleなら、歩きながらでも、

家事しながらでも聞けるから

言い訳にならないですね。

 

読み上げも下手に演技とかなくて

聞き取りやすいです。

 

日本語のAudible本は

声優さんの演技がいい!というのも

あったのですが

英語で感情込められると

発音がわからなくなったるするので

まぁ、いいかなと。

 

ということで、

これからは読み終わった本を

どんどんAudible で聞いて

いきます!

 

リスニング教材探してる方は

お試しください〜。

 

 

 

英語学習の速読と精読

こんにちは。

 

新年からWho HQシリーズの

読書に加えて、

Reading教材で速度を測りながら

速読も始めました。

 

が、意味が取れない文章を考えて

しまう。。

 

速読の目的は

意味は7割で

とにかく頭からバリバリ読む

返り読みのクセが改善

英語を英語として理解できるように!

を狙っているのですが、

そう簡単にはいかないですね。

 

WhoHQシリーズは半分趣味なので、

楽しく英語の本が読めればよくて、

気になるところは、

ネットで調べたりもします。

 

今はWhat is NASA?を

読んでいるので、

moonquakes の和訳とか

(「月震」ってそのまんまでした、、)

この挿絵を詳しく調べたり

f:id:thousandsBooks:20210107224320j:image

 

ついつい、脱線してしまうのですが

楽しいからOK。

 

でも速読はこれではダメですね。

 

明日からは、

目標の200w/mに

なるまで繰り返し読むこと

にして、

速さに慣れようとおもいます。

 

速読と精読、両方大事なんですが

頭を切り替えないと

習得には繋がらないですね。。

 

改善を繰り返していきましょー!

trial and error

WhoHQシリーズ:想像したらすごい怖い/NASA

こんにちは。

 

今日も日記添削と速読終了です。

速度は138w/m。。

頑張りましょう。

 

速読の話題がダヴィンチで、

WhoHQがNASA

人間はいつの時代も

飛びたいですね。

 

1961年。まだアメリカは

ソ連にSpace Raceで負けてます。

 

ガガーリンが宇宙に先に

行ってしまいましたね。

この新聞記事が取り上げられてました。

f:id:thousandsBooks:20210105212253j:image

f:id:thousandsBooks:20210105212256j:image

上が当時の新聞。

下はWhoHQの挿絵。

今回はちょっと絵は好みでないです、、

 

ソ連の宇宙飛行士(cosmonaut)と

アメリカの宇宙飛行士(astronaut)で

単語もわざわざ変えて表現していた

時代があったんですねー。

"cosmonaut/s"という単語を

今まで知らなかったのですが、

この単語は忘れ難い。

 

それにしても、人類で初めて

宇宙に出るって

すごい名誉で、すごい恐怖ですよね。

 

文章を読んでいると

もうソ連との闘いに対する

自国のプレッシャーがすごい。

f:id:thousandsBooks:20210105212809j:image

 

これは当時のケネディ大統領の

言葉です。

なんて勇気づけられる言葉でしょう!

って書いてありますが、

気の持ちようですよね。。

 

プレッシャーと取るか

期待されてるーと燃えるか、

当時の宇宙飛行士の人はどうだったのか?

と考えてしまいました。

2021年の目標とやることリスト:英語で書きたい

こんにちは。

 

2021年の目標は決まりましたか?

 

私の今年の目標は、

英語で文章を書けるようになること。

でも、資格の目標が立っていないので

まだ悩み中です。。

 

最終的にはいつも読んでいる

Who is/wasシリーズで

日本人の本を書きたいです。

 

ということで、まずは

習慣化することを決めました。

 

1、英語で日記+添削

英語添削サービス

Furuitfull Englishで

日記添削を続けます。

 

https://www.fruitfulenglish.com

 

で、ここで添削された英文を

空で言えるまで練習します。

英語の読み上げはiPhoneの読み上げで。

(メモに貼り付けて、英語で読み上げを

siri に頼ります)

 

2、速読

インプットも大事なので、

読む速度 200w/分 を目指して

こちらを1記事以上読むます。

現在、150w/分。

f:id:thousandsBooks:20210104201757j:image

 

背伸びして、TOEFL の教材も

買ってみたのですが、

難しくて続かない予感がしたので

こちらへ。

読む速度が早くなったら、切り替えます。

 

3、English Central を聞き流す

1と2で余暇の時間は取られると

思うので、

あとは聞き流し+発音練習を無料で。

 

podcast で好きな番組を

探していたのですが

結局、日によって変えられる

これが一番だなと。

 

台所に立ってる間はこれで

ちょっとでも英語に触れる

時間を増やします。

 

これを習慣にして、

ちょっとづつ前進します!