本棚の前が定位置

毎日何か読んでます。次どの本読もうかな〜という幸せな悩みの手助けができれば

考古学系の読み物の練習に/ Where is Stonehenge?

おはようございます。

英検1級の受験日直前に面白くて
読み終えてしまいました。
(現実逃避??)

私の行ってみたい場所の一つ。

イギリスのストーンヘンジです!

いつ、何のために、作られたのか??
意外と現代においても謎だらけなんですね。

こんなに大きな建造物なのに
調べれば調べるほど謎が深まる
過程がわかりやすく、書かれています。

誰かが「答えに近づいた!」と思ったら
すぐ後で、「実はそれは違うと後世に分かって、」という流れが
コントみたいに複数回出てくるので
笑ってしまいました。

考古学者(archaeologist)が
うざいぐらいに出てくるので絶対に覚えます。

他にも先史時代、青銅器時代鉄器時代
などなど、考古学的な用語は
だいぶ馴染みが持てるようになりました。

明日の1級の問題で考古学でないかな。。

ジョージ・ワシントンのご先祖さまが
ストーンヘンジの土地の所有者だった時代があったり、
アメリカにもダミーがあったり
ちゃんとアメリカの情報に
寄せているあたりもWHHQシリーズらしくて
よかったです。

英検のリーディングの練習も兼ねて
いかがでしょう。

章ごとに分て読めるので
軽めに読めて、
合間学習におススメです。